ムダ毛処理なら脱毛をしてもらうのが一番

ムダ毛処理を自分で続けていくと剃刀の刃やクリームの成分で肌トラブルを引き起こすもとになります。毛のないつるつるの肌を手に入れるなら、脱毛サロンで脱毛してもらうのが近道です。

自己処理と脱毛施術を受けた場合の肌への負担の違い

自己処理した場合

剃刀や脱毛クリームでの自己処理はなかなか効果が持続せず、短期間で何度も行うことになります。その都度肌に負担をかけ、皮膚を少しずつでも削っていると黒ずみやニキビの原因になります。

サロンで脱毛した場合

サロンでの脱毛もレーザーや光で肌に負担がかかってしまうことは変わりません。ただし事前に冷却ジェルを塗り、アフターケアをしっかりと行うことで熱でのダメージや乾燥を最小限にしています。

レーザー脱毛でスベスベ肌をゲット【脱毛に関する基礎知識】

女性

脱毛方法にも種類がある

医療機関やサロンで行う脱毛にも種類があり、肌や毛の状態、料金プランなど様々な観点で選ぶことができます。大きく分けると脱毛サロンで行う光脱毛と医療機関で行う医療レーザー脱毛に分かれます。サロンや医療機関によって、使う機械が異なったり施術方法が異なったりするので気になるところを見つけたら、そのサロンの施術方法を調べてみるといいでしょう。

照射

医療レーザー脱毛はクリニックでしか受けられない

医療脱毛を行えるのはきちんと医師のいる、レーザー脱毛を行える資格を持った医療機関だけです。脱毛サロンでは行うことができません。医療機関と聞くと、単に治療に近いようなサービスを想像するかもしれませんが、もちろん美容のことも考えてくれます。レーザーを使ったシミ取りなど脱毛以外のところでもきれいになる相談に乗ってくれる強い味方です。

脱毛器

光脱毛とレーザー脱毛の違うところ

光脱毛もレーザー脱毛も、光またはレーザーを毛根のメラニン色素に反応させて破壊することは同じです。レーザーの方が効果が強く、ピンポイントで当たる傾向にあります。ただしその分だけ痛みは強いです。レーザーの種類によっては、メラニン色素を使わないものもあるので通常のレーザー脱毛ができないほど日焼けしている方やあざのある方などはそちらの方法を調べてみましょう。

脱毛施術の受け方の基本手順

足

日焼けは避けて当日に備える

脱毛したい箇所がひどく日焼けしてしまうとメラニン色素を頼りにする光やレーザーが肌すべてに反応してしまいます。ですから、施術当日に備え、日焼けは避けましょう。怪我などが原因のあざは仕方がありませんが、施術できないのは同じです。

自己処理はしっかり行う

施術箇所の自己処理はしっかりと行っていきましょう。当日施術前でも行ってくれますが、当日のシェービングはどうしても肌に負担をかけます。自己処理が雑だとその日は施術できないこともあるので要注意です。

準備を整えていざ施術開始

施術では個人差はあるものの、多少の痛みが伴います。肌を保護するためなどで冷却ジェルを使うことがあるでしょう。冷たいので常温のものを希望する方がいますが、肌へのダメージを考えると冷たいジェルの方がいいので忘れないで下さい。施術の痛みも出やすくなるので、冷たくくすぐったいジェルですが施術の間だけと思って我慢しましょう。

施術後は肌トラブルに注意

施術後に赤みやかゆみが出ることがありますが、こすってはいけません。可能な限り冷やしましょう。熱を持ち乾燥しているが故の症状です。しっかり保湿をすると症状もおさまります。

脱毛ランキングをここでチェック★

広告募集中